学級創り 第一歩


 
  荒れた学級を受け持つ先生方へ

 担任が揺れると、学級は大揺れします。
 揺れるのは船だけでいい。大しけの日でも、ゆれない。まずはこれが大切だと思います。

 荒れている学級は、ある意味でやりやすいです。なぜなら、子どもも親も新しい先生に期待しているからです。「今年こそは」と思っているからです。
 ですから、それを上手く使えば、やりやすいのです。

 しかし、身についたこと(荒れた行動、生活習慣、授業態度、心のすさみ)は、なかなか抜けません。頭ではわかっていても、なかなか行動がそのようにならないのです。ですから、変わるのに時間がかかります。
 あせらずじっくりといくことがいいと思います。1日1ミリ。三歩進んで二歩下がる。これです。

 最初は、子どもの様子をじっくり観察して下さい。冷静な目で見ると、見えてきます。荒れた学級を何とか などと考えると見えてきません。第三者の目でも見ることが必要です。
 そうすると、キーになる子がわかります。いわゆるボスです。
 大物が変われば、学級はがらっと変わります。
 
 変わりそうな子からアプローチする方法もあります。

 さて、子どもとの信頼関係をつくらねばなりません。
 子どもにとって、教師は友だちではありません。
  信頼できるとは
 たとえば、
    
    うそをつかない。 
    態度が変わらない。
    叱るべきときは叱る(一線をもっている)。
     →叱る基準が明確。子どもも納得できる。

    子どものせいにしない。
     →教師がすべての責任をとる覚悟。

    授業が知的でおもしろい。
    学力が伸びる。
    自分のよさをわかってくれる。
    自分の氣づいていないよさを見つけてくれる
    ほめてくれる
    助けてくれる

    一緒に喜んでくれる
    一緒に笑ってくれる
    一緒に泣いてくれる
    一緒に怒ってくれる

 人です。
 
 教師には、人間としての面(人となり)と教育の専門家としての面 両方が必要です。
 車でいえば両輪です。

 「学び続ける人のみ教える資格を持つ」と、私は思います。教師が勉強している姿が何よりの教育です。「先生も勉強しているんだ」ということが認識できれば、子どもはついてきます。
 

inserted by FC2 system